イタチを退治しよう~害獣被害を抑える方法~

素早い動作

イタチ

イタチは哺乳類の一種で、素早い動きと柔軟性の高さが特徴の生物です。イタチは壁をよじ登ることもできます。このような特徴を持っているため退治するのは簡単ではありません。イタチは泳ぐことも可能です。

詳しくはこちら

被害を抑える

家

イタチにより引き起こされる被害は多数あります。騒音や、家畜の殺傷などの被害をもたらすため、イタチが発生して被害がでた時は退治することが大切です。イタチの危険性を把握しておきましょう。

詳しくはこちら

イタチを追い出す

2人の男性作業員

イタチの被害をおさえるためには退治することが大切です。嗅覚が優れている動物のため、お酢や臭いの強い忌避剤などを活用することでイタチ被害を抑えることができるかもしれません。

詳しくはこちら

害獣対策をしよう

作業員

害獣といわれるイタチやハクビシンなどが現れた時は退治することが大切です。イタチやハクビシンなどが現れると、騒音や異臭などあらゆる問題を引き起こす可能性があります。ただ、被害が無いことには退治できない生物もいるため、それぞれの特徴をよく把握しておきましょう。イタチやハクビシンなど害獣といわれる成分は基本的に夜行性のため、人間が寝静まったあとに行動することが多いため、被害を防ぎにくいといわれています。ただ、業者に頼むことで害獣の住み着く場所を見つけて、退治してくれます。害獣対策をしたあとに気をつけたいのが二次被害です。一度害獣を対策しても、そこで発生したダニや糞などの問題は直ぐに解決するわけではありません。ただ、業者に頼むことで害獣を退治したあと、被害があった所のクリーニングを行うところも少なくありません。このため、できるだけ二次被害を抑えることができるのです。業者によっては24時間365日、退治依頼を引き受けてくれる業者もいるため、いつでも依頼することが可能です。害獣が発生することによりダニやノミなどが増えますがそれはアレルギーなどにもつながります。それを防ぐためにも業者に依頼して退治してもらうことが大切です。害獣対策を行ってもすぐに退治できるわけではありません。ただ、時間をかけてでも退治しておくことは大切です。害獣対策などに使われる薬は住まいに合わせて選んでくれるほか、危険性の低い物を活用することが多いため安心するといいでしょう。