イタチを退治しよう~害獣被害を抑える方法~

被害を抑える

家

イタチは害獣といわれることもある生物です。ただ、イタチがどのような被害をもたらすのか把握していない人も少なくありません。イタチにより起こる被害といわれているのが、騒音です。イタチは動き回る速度が早い分、騒音が大きくなる傾向にあります。それだけではなく、夜行性のため深夜に騒音を起こす危険性もあるのです。イタチによる被害の一つに家畜などを食べてしまうという被害があります。というのもイタチはニワトリなどを食べる特性があるため、養鶏場などは特にイタチの発生を危惧しています。それだけではなく、食品を食べてしまう可能性もあるのです。というのもイタチなどが台所など、食品の多い場所に侵入してくると、それを見つけ、それを食い荒らす危険性があるのです。夜行性のため、このようなことが発生しても気づきにくいといえます。

住宅の内部にイタチが侵入してしまうと建築素材などにも影響を与えてしまいます。特に巣を作るとなると周りの素材を破壊してしまうため、巣を作る前に退治することが大切なのです。また、イタチの糞や尿などにより汚れが発生することもあるのです。糞や尿には細菌などが含まれていることもあるため、身体的な問題を引き起こす可能性もあります。それを防ぐためにもイタチが発生した時は早めに退治することが大切です。生ごみなどの廃棄物も食い荒らすため、ゴミ捨て場の周辺も警戒しておくことが大切です。イタチを退治することで多数の被害を抑えることができるため、一度業者に依頼してみるといいでしょう。